大手と当社の販売方法の違い

両手仲介とは何か?

仲介手数料とは売買契約が成立したときに、売主、買主が仲介会社に支払う手数料のことです。

売主、買主両方を不動産会社1社が仲介することを「両手仲介」といいます。

両手仲介の手数料の金額は次のようになります。
・売主から受けとる仲介手数料(売買代金×3%+60,000円+消費税)
・買主から受けとる仲介手数料(売買代金×3%+60,000円+消費税)
⇒1社の仲介会社

売主、買主を別々の不動産会社が仲介することを「片手仲介」といいます。

片手仲介の手数料の金額は次のとおりです。
・売主から受けとる仲介手数料(売買代金×3%+60,000円+消費税)
⇒売り側の仲介会社
・買主から受けとる仲介手数料(売買代金×3%+60,000円+消費税)
⇒買い側の仲介会社

このように両手仲介片手仲介では1回の取引で手数料に2倍の差があります。
そのため売主側の不動産会社は自ら買主を見つけようとし、他の不動産会社に物件を紹介させない行為を行うケースがあります。これを「物件の囲い込み」といいます。

囲い込みをされてしまうと、売主は売却機会を失うことになります。

他の不動産会社には「商談中」とか「売主様と連絡がとれない」と言って物件を紹介させず、自分の会社のお客様と契約しようとするのです。
当社では上記のような囲い込み行為は絶対に行いません。売主様の立場になり、高く、早く売却することに全力を尽くします。

売り上げノルマに追われる大手仲介会社の担当者

大手不動産会社の担当者には高い売り上げノルマが課せられています。

大手不動産会社の担当者の知り合いは「1ヵ月に最低でも3件の取引を両手でまとめないとノルマが達成できない」と言っている人もいるくらいです。

大手不動産会社は多額の経費をかけて投げ込みチラシやインターネット広告を行い知名度を生かして集客活動を行います。

経費をかけた分だけ見込み客は集まりますが必然的に営業担当者の任される物件は多くなります。

さらに、大手不動産会社は両手仲介が基本なので売り手だけなく買い手の対応も行うことになります。

1ヵ月という限られた時間内で多くの物件を担当するわけですから1つの物件にかけられる時間は短くなりますので

手間と時間をかけて高く売ることよりもいかに手間をかけずに売るかを最優先に考えなければいけなくなってしまいます。

当社は売却専門という看板をかかげていますので高く売却することに特化しています。

ですから、手間をかけても高く売ることにこだわります。

売却査定で見るべきポイントが違う

普通の不動産会社は「いくらで売れるか」を見る
売却専門の当社は「どうやったら1番高く売れるか」を見る

「手軽に早く売る」のが普通の不動産会社
「手をかけて高く売る」というのが当社

「見込み客がいます」という嘘

訪問査定を複数の会社に依頼してどこの不動産会社に任せるかを比較検討しているとき
「あなたの物件を買いたいという見込み客がいます」と言われることがあります。

そして
「その見込み客を紹介するには、専任媒介契約を結ぶ必要があります」
媒介契約をすることを迫ってきます

このような売却手法をとってくる会社には注意してください。
なぜなら、媒介契約をとるために嘘の見込み客を演出している可能性があるからです。

たった一人の見込み客がいても、その人で取引がまとまる可能性は高くありません。

大事なのは、高く売るための戦略があるかどうかです。
効果的な戦略があれば、見込み客を集めやすくなりますし成約に結びつく確率を高めることができます。

本当かどうかわからない見込み客がいるかよりも高く売るための仕組み、戦略があるかどうかが重要です。

不動産(戸建て・マンション・土地)の売却相談はこちら
0120-046-113